流産した後は、あまり深く考えずに前向きに考えましょう

妊娠して喜んだ後に流産を経験してしまったら、どうしてももう後が考えられなくなってしまいがちです。
私もその一人で、当分何もやる気が起きませんでした。
うつ病にかかったのではないか、そう考える人もいました。
病院に行って診てもらった方がいいとまで言われ、みんなに私の事は分かってもらえないと思いました。
実は夫もそうでした。
すぐに仕事に行き、流産などなかったかのように元気に振る舞いました。
それが逆に嫌な感じを受けました。
後で考えたら、私の事を考えてくれていて、わざと元気のように振る舞っていただけだったのです。
夫婦して落ち込んでいられませんから。
そう受け取った私は、少しずつ前を向く事にしました。
考え込んでももう時間は戻ってきません。
それよりこれからどうするかの方がとても大切だと思い始めました。

Copyright© 流産 All Rights Reserved.

流産した後は、あまり深く考えずに前向きに考えましょう